従業員エンゲージメント維持には「安全、会社への信頼、コミュニケーション」 - (page 4)

阿久津良和

2020-06-01 06:30

 数字で見ると完全在宅勤務は48%(やや低下25%、低下23%)、一部在宅勤務も48%(やや低下26%、低下22%)、非在宅勤務は29%(やや低下15%、低下14%)となる。他方で勤務時間は42%が変化なしと回答しているが、増加は12%(やや増加7%、増加5%)、減少は46%(やや減少19%、減少27%)という結果だった。

 今後の在宅勤務意向は現状維持と回答した割合は28%、減少は37%(やや減少16%、減少21%)、増加は35%(やや増加16%、増加19%)とすべての労働者が在宅勤務を望んでいるわけではないという声が浮かび上がってきた。

 ただ、在宅勤務の頻度を増加させたいという理由(n=1490)を見ると、通勤を理由に挙げた割合が17.8ポイント(キーワード出現率0.5%以上の項目)。続いて時間(13.1ポイント)、効率(4ポイント)、感染(2.7ポイント)と続く。

 現状の“ウィズコロナ”、今後の“アフターコロナ”における従業員体験(EX)について市川氏は「当面は従業員の健康や安全の確保が最優先。通常のパフォーマンスを維持するための支援を継続する。また、目の前や将来発生する課題への対応も欠かせない。アフターコロナ期は新しい働き方を軌道に乗せるための調整が必要だ」と提言した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]