編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Windows 10 Enterpriseマルチセッション」で「MSIX App Attach」をサポート

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2020-06-04 15:16

 Microsoftが4月に「Windows Virtual Desktop」(WVD)の2020年春のアップデートを発表したとき、以前から約束していた「MSIX App Attach」への言及はなかった。同社は当時、この新機能をいつどのように提供するかを明らかにしなかった。だが今回、「Windows 10 Enterpriseマルチセッション」のパブリックプレビュー版で同機能がサポートされたことが明らかになった。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 MSIX App Attachを利用すれば、さまざまなアプリケーション向けの複数のマスターイメージや、仮想化されたアプリすべてを単一のイメージにパッケージ化する機能を維持する必要がなくなる。パッケージ化されたアプリケーションを仮想マシン(VM)以外の場所に保存しておき、必要になった時点で個別にアタッチできるようになる。Microsoftによると、これは従来型アプリの階層化/ストリーミングの殻を破るものだ。

 App Attachの追加により、Microsoftが過去2年間推進してきたWindowsのパッケージ形式「MSIX」は、WVDのような仮想化環境でさらに便利になる。要するに、アプリケーションがイメージから切り離されるため、再イメージ化の必要性が低下し、社内全体でパッケージ形式が同じになり、OSイメージ内のアプリと区別がつかなくなるのだ。

 MicrosoftはMSIX App Attachをさらに利用しやすくするWindows 10 Enterpriseマルチセッションのパブリックプレビュー版を提供開始したことを、米国時間6月2日に明らかにした。新しいイメージは「Azure Image Gallery」にある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]