編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Windows Virtual Desktop」に3つの新機能--運用管理性、Teams連携などを向上へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-01 10:20

 Microsoftは米国時間4月30日、5月に提供する「Windows Virtual Desktop」(WVD)の3機能についての詳細を明らかにした。「Microsoft 365」のロードマップに挙げられているこれらの機能は、春のアップデートの一環をなすものだ。これら機能は現在、プライベートプレビューに参加している顧客によってテストが進められており、5月に一般提供が開始される予定となっている。

Microsoft
提供:Microsoft

 同社は「Azure Portal」を通じてWVDを配備できるようにすることで、その管理エクスペリエンスを向上させようとしている。これにより、ホストプールの設定や、アプリとデスクトップの管理、ユーザーの割り当て全てがAzure Portal内で可能になる。また、WVD上での「Microsoft Teams」のサポートを強化し、オーディオ/ビデオリダイレクション(AV Redirect)というプロセスによってビデオ通話時における音声/画像エクスペリエンスの向上につなげるという。さらに、Microsoftはデータのコンプライアンスとデータ主権を目的として、自社のサービスデータベースのロケーション選択を可能にするという。サービスのメタデータは現在、米国内と欧州域内で分散できるようになっており、その他のリージョンについても「間もなく可能になる」という。

 Microsoftは2019年後半に「MSIX App Attach」と呼ばれる別の機能の詳細を発表していたが、現時点では依然としてプライベートプレビューの段階であり、いつ一般提供が開始されるのかについても言及されていない。同社の当初の計画では「Windows 10」のバージョン「2004」(以前は「20H1」と呼ばれていた)でWindows 10側のMSIX App Attach機能を有効化するはずだったが、同機能アップデートのロールアウトが間近に迫っている今となっては、その可能性は低そうだ。MSIX App Attachを利用すれば、MSIX形式でパッケージ化されたアプリケーションを仮想マシン(VM)以外の場所に保存しておき、必要になった段階で個別にアタッチできるようになる。Microsoftの幹部らによると、これは従来型アプリの階層化/ストリーミングの殻を破るものであり、ユーザーデータとアプリ、基盤となるOSを分離するという同社の戦略を支える重要な柱になるという。

 WVDのアップデートは、Windows 10で従来実施されている春と秋のアップデートのように、「fall update」(秋のアップデート)といった形で用意されるのだろうか。Microsoft 365担当コーポレートバイスプレジデントであるBrad Anderson氏は筆者に対して、そういった計画はないと答えてくれた。同氏によると、WVDの機能は準備ができ次第、その都度展開していくことになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]