編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、「Android」などモバイルの専門性有するMovialの従業員雇用

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: Crowd Power Partners 編集部

2020-07-09 16:45

 Microsoftが、モバイルデバイスや組み込みデバイス向けのグローバルなソフトウェアエンジニアリングとデザインサービスを提供するMovialより多数のエンジニアやデザイナーを採用しているようだ。Microsoftは、ルーマニアのヤシにあるMovialのオフィスをこの地域の4つ目の研究開発センターとする計画だという。SeeNewsが現地時間7月6日に報じた

Surface Duo
提供:CNET

 筆者が7日、Microsoftに問い合わせたところ、広報担当者は「Microsoftは最近、『Windows』と『Android』の開発を強化するという当社の取り組みの一環として、複数のオフィスで従業員を雇用することでMovialと合意した」と認めた。Microsoftは従業員の雇用に関してMovialに支払った金額は明らかにしていない。

 Movialはフィンランドのヘルシンキに拠点を置いており、台北、サンフランシスコ、シアトルにもオフィスがある。Movialの広報担当者はWindows Centralに対し、今回の取引には当社のルーマニア、台湾、米国の従業員が関わっていると述べた。MicrosoftはMovialを買収するのではなく、Movialは今後も独立した会社として存続し、残るスタッフの大半がフィンランドを拠点とするという。

 MicrosoftはデュアルスクリーンのAndroid搭載スマートフォン「Surface Duo」を開発している。同社は2019年、Surface Duoとともにデュアルスクリーンで「Windows 10X」を搭載する「Surface Neo」を発表し、2020年のホリデーシーズンまでにリリースするとしていた。その後、Surface Neoのリリースは延期される可能性があるとされ、Microsoftは10Xをデュアルスクリーンからシングルスクリーンファーストにシフトしていると説明していた。

 Windows Centralによると、Microsoftはこれまで、AndroidをSurface Duoに搭載する上で求められる専門性を持つMovialなどのサードパーティーベンダーと契約していたが、Movialの従業員を雇用することで、今後のDuo向けのOSの取り組みをすべて社内で進められるようになる。これまでにもMicrosoftでは多数のエンジニアがAndroid向けアプリに取り組んでいる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]