編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NTTデータとSCSKがコンテナーセキュリティで協業--CAFISにも適用

ZDNet Japan Staff

2020-07-16 14:38

 NTTデータとSCSKは7月16日、コンテナーセキュリティツール「Sysdig Secure DevOps Platform」のビジネスで協業することを発表した。NTTデータは、SCSKの「Sysdig Secure DevOps Platform」販売パートナーに参画し、2023年までに50億円の売り上げを見込む。

 Sysdig Secure DevOps Platformは、コンテナー内部のアプリケーションや、コンテナーオーケストレーションツール「Kubernetes」のリソース状況、健全性、コンテナー間通信を監視し視覚化することで、迅速なトラブル対応を可能にする。コンテナーの脆弱性検査や不正アクセスなど異常検知時のコンテナー制御の機能を持ち、Kubernetes上でのコマンド履歴を全て記録できる。

 コンテナー環境は、従来のサーバー単位での監視や境界防衛型のセキュリティ監視が困難なため、コンテナーに適した方策が必要となる。SCSKは、Sysdig Secure DevOps Platformの国内総代理店で、導入コンサルティングサービスや運用および保守サービスを展開する。NTTデータはCloud Native Computing Foundation(CNCF)メンバーで、Sysdig Secure DevOps PlatformはCNCFのソフトウェアの1つという。

 今後は両社で共同マーケティング活動も展開するほか、NTTデータは決済基盤「CAFIS」に適用し、クラウドサービス「OpenCanvas」のコンテナー基盤提供サービスへも適用していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]