編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

ZDNet Japan Staff

2020-08-19 11:15

 米Gartnerは、先進的な技術の最新動向をまとめた「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表した。注目すべき30の先進テクノロジーを取り上げ、この中には「コンポーザブルエンタープライズを実現するもの」「テクノロジーに対する社会の信頼回復を目指すもの」「人間の脳の状態を変化させるもの」が含まれている

 ハイプ・サイクルは、同社がテクノロジーやアプリケーションなどについて、時間の経過とともに進化している状況を視覚的に説明しているもの。テーマによりさまざまなハイプ・サイクルがあるが、「先進テクノロジのハイプ・サイクル」は1700以上の技術を分析し、「本質的に破壊的なもので、競争力はまだよく知られていないか、市場で証明されていない。『生産性の安定期』に達するまでに5~10年以上かかるもの」(アナリストでバイス プレジデントのBrian Burke氏)という。

 例えば、新型コロナウイルス感染症のパンデミックに関連して「ヘルスパスポート」と「ソーシャルディスタンシングテクノロジー」を挙げている。いずれもハイプ・サイクル上では急速に推移し、多大な影響をもたらしているという。また、ソーシャルディスタンシングテクノロジーは、主にプライバシー上の懸念からメディアで大きな注目を集めているといい、今回は「過度な期待」のピーク期に位置付けられた。

先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年(出典:ガートナー、2020年8月)
先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年(出典:ガートナー、2020年8月)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]