編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向
調査

中堅中小企業でもRPA導入が加速---ロボフィスとNTTデータが共同調査

NO BUDGET

2020-08-19 16:12

 RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の導入コンサルティングやサポートを手がけるロボフィスは、NTTデータと共同でRPAユーザー3000社の動向を調査した。

 これによるとNTTデータのRPAユーザーが、2018年度末の1000社から2019年度末の3000社へと拡大する中で、特に300人未満の企業の増加が著しいことが分かった。2019年度末時点で従業員300人未満の企業が44%を占めている。

従業員300人未満の企業が12ポイント増加、2019年からは中堅・中小が特に増加
従業員300人未満の企業が12ポイント増加、2019年からは中堅・中小が特に増加

 ロボフィスとNTTデータによると、この結果はRPAによる業務自動化の動きが中堅中小企業でも加速していることと同時に、調査対象企業が導入している「WinActor」が、中堅中小企業にも導入しやすいツールであることを表しているとしている。

 両社は、NTTデータの3000社を超える業務自動化の実績を分析し、企業規模問わず特に要望が多い「スケジューラー登録ロボット」を開発している。この製品は、スケジューラへの予定登録業務の自動化が可能にする。オペレーション計画をExcel上で「登録マスタ」形式にし、ロボットを稼動させることで年間360時間分の業務を削減できる。

 WinActor上の自動化シナリオとして動作し、汎用シナリオを動かすだけで、ユーザーのOutlook上のスケジューラーに、ロボットにより予定を登録させることが可能となる。また修正を加えることにより、Outlook以外のスケジューラー環境にも適用することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]