編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

クラウドデータウェアハウスのSnowflake、IPOを申請

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-08-26 13:03

 クラウドベースのデータウェアハウス(DWH)を手掛けるSnowflakeは米国時間8月24日、新規株式公開(IPO)申請書を米証券取引委員会(SEC)に提出した。2020年度上期の売上高は前年同期の倍以上となる2億4200万ドル(約260億円)になったという。

 同社は「Amazon Web Services(AWS)」や「Google Cloud Platform(GCP)」、「Microsoft Azure」とさまざまな面で競合しつつも、これらプロバイダーのインフラ上でサービスを提供しているという。

 Snowflakeはクラウドインフラにさらなる力を入れていくだろうが、最小限のコミットで割り引きを確保できるはずだ。また、7月には同社のクラウドインフラ合意の改定を公開している。今後5年間でクラウドインフラに最低12億ドル(約1280億円)を投資する計画だ。

 同社は力強い成長を見せているものの、7月31日までの半年で1億7130万ドル(約180億円)、通年で3億4850万ドル(約370億円)の損失を計上している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]