編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
米ZDNet編集長Larryの独り言

クラウドデータウェアハウスのSnowflake、約530億円調達--セールスフォースがパートナーに

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-02-10 10:32

 クラウド上でのデータ管理およびデータウェアハウスプラットフォームを手がけるSnowflakeが、新たに4億7900万ドル(約530億円)の資金を調達した。評価額は120億ドル(約1兆3100億円)を上回った。今回の調達における本当の目玉は、投資を通じたSalesforceとのパートナーシップだろう。

 Dragoneer Investment Groupが主導した今回の資金調達ラウンドには、Salesforce Venturesが新たに参加している。

 Snowflakeの最高経営責任者(CEO)Frank Slootman氏は、Salesforceとのパートナーシップが製品やマーケティング、市場進出戦略が対象になると述べている。Salesforceとのパートナーシップについての詳細は、6月に開催されるSnowflakeの年次ユーザーカンファレンスで発表されると考えられている。

 Salesforceのパートナーシップが重要である理由は以下の通りだ。

  1. Salesforceは、MuleSoft製品を用いて他のエンタープライズシステムを統合することで、自社を顧客のデータウェアハウス戦略の中心に位置付けようとしている。一方、Snowflakeは大手クラウド企業との中立性をアピールすることで、エンタープライズにおけるデータシェアを獲得しようとしている。つまり、両社は共通の目的を持っていると言える。Salesforceの幹部は、同社の年次イベント「Dreamforce」で、2025会計年度に向けて売上高を倍増させる計画の概要を発表した。共同CEOのMarc Benioff氏は、「われわれは、他のありとあらゆる大手企業と提携し、一連のパートナーシップを培おうと取り組んでいる」と述べ、「あなたがたがSalesforce製品以外を使用しているのはわれわれも認識しているため、われわれはあらゆる企業と連携することに尽力する。われわれの間に垣根を作るつもりはない(中略)われわれは1つのコミュニティーとして操業していく」と続けた。
  2. Snowflakeの幹部であれば、競合他社などないと言うだろうが、同社は「Google Cloud」や「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」といったクラウドデータプラットフォームと競合している。
  3. SalesforceがSnowflakeを買収することになった場合、「Snowflake」と「Salesforce Einstein」「Tableau」を組み合わせるようなデータ分析スタックが生み出されるはずだ。Salesforce Venturesの投資は、Snowflakeの将来を見極める優れた方法と言える。
  4. 顧客は、より優れたかたちでアナリティクスとデータプラットフォームの統合を推進できるようになる可能性がある。現時点でもSnowflakeからのデータをSalesforceのアナリティクス機能に同期させる方法が用意されている。このことを考えた場合、SalesforceとSnowflakeを統合した何らかのネイティブ製品やデータ管理機能が登場するのも夢物語ではないだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]