グループウェア「Garoon」新版、通知がきめ細かく--管理権限変更はCSVで可能

藤代格 (編集部)

2020-11-09 07:00

 サイボウズ(中央区)は11月6日、中堅大企業向けグループウェアの新版「Garoon(ガルーン) 5.5」を発表した。

 掲示板のカテゴリー、スケジュールの施設グループ、ファイル管理のフォルダーの3つのアプリケーションの管理権限をCSVファイルのインポート、エクスポートで更新可能。導入時や移行時の管理者負担を軽減できるという。同日から提供する。

スケジュールに宛先を追加できる(出典:サイボウズ) スケジュールに宛先を追加できる(出典:サイボウズ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 スケジュールへのコメント書き込み時には、通知の宛先を指定できるメンション機能を追加。

 予定に参加、抜ける場合などのスケジュール更新時は、参加者への通知、非通知を選べるようになった。

 メールのカスタマイズはJavaScript、CSSに対応。

 予定詳細画面のテーブルに行を挿入できるAPIなど、JavaScript APIも拡充したとしている。

 Garoonは、クラウド版、パッケージ版から選択できる。クラウド版の最小ライセンスは300ユーザーまでの場合で、1ユーザーあたりの税別月額利用料が845円。

クラウド版の価格(出典:サイボウズ) クラウド版の価格(出典:サイボウズ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 パッケージ版を新規で契約する場合の最小ライセンスは50ユーザーまでで、税別価格は60万円。有効期限終了後30日以内に限り購入できる継続サービスライセンス、31日経過後向けのサービスライセンスなども用意している。

パッケージ版の価格(出典:サイボウズ) パッケージ版の価格(出典:サイボウズ)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]