編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

フィンテックガーデン、銀行API標準化に向けた研究会を発足 - (page 2)

阿久津良和

2020-12-02 07:00

 銀行共通API開発研究会は現時点で26団体が参加しているが、「今後参加する企業にも仕様書は開示される」(井上氏)。銀行共通APIはあくまでも民間団体による提案にとどまり、法的拘束力などは存在しない。

 この点について質問がおよぶと、井上氏は「(現時点では)様子見という意見をいただいている。ただ、日本は叩き台がないと前に進まない。約20年前にあった某協議会は会計システムの統合を試みたが、3年かかって決まったことはゼロ。なぜなら決裁権者がいなかったから。叩き台を提供することで、次の一歩につながる」と説明した。

 今後についても井上氏は「すべての会計・経理業務アプリケーションを開発するメーカーに連絡を入れたが、一部企業からは『止めてくれ』と。蛇足だが日本はフィンテックやIT企業は多いものの、ITに詳しい社長が少ないのが現状。(私は)詳しい人に会ったことがない。日本という国はゼロから作るのが好きで、仕様書に沿ってゼロから作ったものしか評価しない」とウォーターフォール型開発が定着している国内の状況に苦言を呈した。

 銀行共通API開発研究会の金融部門 最高情報責任者(CIO)はバンカーズ・ビジネス・ソリューションズ 代表取締役の大場昌晴氏、開発部門 最高技術責任者(CTO)は佐山経済研究所 代表取締役の佐山宇宏氏が務める。記者会見に登壇した参加組織は以下のようにコメントしている。

ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部 執行役員 藤田豪人氏「人や紙が介在する経理業務は円滑に進まず、データが上流から流れてく工程を取り込めば、業務負荷も軽減する。(銀行共通APIの実現で)開発コストが低下し、新しいソリューションが生まれやすくなる。新しいフィンテックの形を作れるのでは」

フィンテックを支援する税理士の会 会長 税理士 杉山靖彦氏「人の間を紙がつないでいるのが現在の会計業界。どのようにデジタル化するか、現場で働く税理士として声を上げて支援しする活動に注力したい」

エプソン販売 AC MD課 企画課長 勝俣剛志氏「中小企業の約4割がクラウドに移行しているが、アカウントアグリゲーションを活用しているのは1割に満たず、顧客へのコスト負担が(フィンテック推進の)弊害になっている。事務管理部門領域の顧客に対する生産性向上を支援していきたい」

(左から)フィンテックを支援する税理士の会 会長 杉山靖彦氏、フィンテックガーデン 理事 舘村真二氏、フリーウエイジャパン 代表取締役 井上達也氏、ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部 執行役員 藤田豪人氏、エプソン販売 AC MD課 企画課長 勝俣剛志氏
(左から)フィンテックを支援する税理士の会 会長 杉山靖彦氏、フィンテックガーデン 理事 舘村真二氏、フリーウエイジャパン 代表取締役 井上達也氏、ROBOT PAYMENT フィナンシャルクラウド事業部 執行役員 藤田豪人氏、エプソン販売 AC MD課 企画課長 勝俣剛志氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]