編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」
海外コメンタリー

サイバー攻撃に対抗するには多様な視点やコラボレーションが重要--英サイバー防衛担当幹部

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-12-29 07:30

 サイバーセキュリティチームが企業や政府、その他の組織や人々をサイバー攻撃から守るためには多様な考え方が必要だ。そして、サイバー犯罪との戦いで、異なる視点を持つ人々が協力できるようにするには、コラボレーションが重要になる。

 英内閣府のサイバー防衛担当副ディレクターPete Cooper氏は、困難に立ち向かい、社会のサイバーリスクを減らすためには、この種の協力を重んじる姿勢が必要になると語った。

 英空軍のジェット機パイロットからサイバー作戦アドバイザーに転身したCooper氏は、英国で初めて分野横断的なサイバー戦略コンテストを創設した人物でもある。同氏は、国際的なサイバーセキュリティの問題に取り組むためには優れたコラボレーションと多様性が重要だと考えている。

 Cooper氏は、「Black Hat Europe 2020」の基調講演で、「私たちは、自分たち課題について多様な視点を持っており、それぞれが違った視野を持っている。コラボレーションの本当の価値は、世界を多様な視点から見ることにある」と述べた。

 「それによって共通の視点を生み出すことができ、共同で視野を広げることでさらに遠くまで見渡せるようになると同時に、あらゆることに対して共通の理解を深めていくことができる」

 同氏は、異なる視点を混在させることで、リソースの使い方や取れるアクションが大きく変わる可能性があると説明した。さらに既知のシナリオや、これまでは知られていなかったシナリオへの新しい対処法さえ見つかるかもしれないという。

 「そのことがほかにはないコラボレーションを生み出し、これまでは見えなかった障害や、チャンスや、アイデアを見つけることができるだろう。それがコラボレーションを行う本当の意味だ」とCooper氏は語った。

 「多様なチーム間でのコラボレーションで最善のソリューションはこれらの共同でのソリューションであり、それを実行するにはそのようなコラボレーションが必要になる」

 サイバー攻撃やデータ侵害の防止やそれらのインシデントへの対応はサイバーセキュリティの重要な要素だが、それは仕事のごく一部にすぎない。業界の文化や、組織内の情報セキュリティチームの文化にもそのことを反映させる必要がある。

 「インシデントは全体の一部が見えているにすぎない。水面下の状況を見て何が問題かを理解したり、発生した事象が何を意味しており、それらを把握するためにはどんなアイデアがあり得るかを理解するには、積極的で優れた文化が必要だ」とCooper氏は説明した。

 また同氏は、異なる視点を持ち寄るには時間と手間がかかるが、サイバーセキュリティが達成しようとしているあらゆることに対して、コラボレーションと多様性は役に立つと指摘した。

 「それができれば、私たちは共通の視点を共有し、視野を広げるようになる」

 「協力し合って共通の視野から多くのことを学ぶほど、今後重要なリスクに取り組もうとする際に、誰にとってもよりよい結果になる」と同氏は付け加えた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]