編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

名古屋大学、教育研究用・事務用端末のセキュリティ対策でカスペルスキーを導入

NO BUDGET

2021-01-19 16:34

 名古屋大学は、教育研究用・事務用の全端末において使用するエンドポイントセキュリティ対策としてカスペルスキーの「Kaspersky Endpoint Security for Business Select」、メール経由のマルウェア感染とスパムメール対策として「Kaspersky Security for Mail Server」を採用した。2020年4月から利用している。

 名古屋大学は、選定に際して2万人を超える全学への展開といった大規模環境でも問題なく稼動すること、最新のサイバー脅威に対応した高度なセキュリティ機能を備えていること、さらにライセンス料金でコストパフォーマンスが高いことなどを要件としていた。これに対しカスペルスキー製品は要件を全てクリアしており、今回の採用に至ったという。

 導入時には、カスペルスキーのシステムエンジニアによる協力で、短期間にスムーズなシステム移行ができ、現在は大学が管理する教育研究用・事務用の全端末とメール環境をサイバーの脅威から保護している。特に新型コロナウイルス感染症の拡大防止に対応するため、教員と職員の在宅勤務や学生のリモート学習の機会が増え、学外でも安全にPCを使用できる環境づくりが急務だったことから、そのセキュリティ対策としても導入製品は活用されている。

 同大学情報セキュリティ室では、カスペルスキー製品が、複数の第三者機関のテストにおいて継続的に高い評価を得ている点も高く評価し、今後も新しい高度なマルウェアを安定的に検知するために、継続した性能強化を期待している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]