編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
PDF Report at ZDNet

プライバシーの保護がIT企業にとってさらに重要な取り組みに

PDF Report@ZDNet

2021-01-20 08:30

 米国カリフォルニア州市民が2020年11月、企業によるデータ収集に新しい規制を課す法案「Proposition 24」に賛成票を投じた。カリフォルニア州プライバシー権法(CPRA)の一部では、個人が個人情報の共有と販売をオプトアウトする権利を持つ一方、企業はユーザーのプライバシーを保護するためデータ収集を最小限に抑える必要がある。

 こうした法整備は、まずはカリフォルニアに本拠を構えるGoogleやFacebookにとって、ビジネスに影響を及ぼす可能性がある。12月には、米連邦取引委員会(FTC)と米48州、地域の司法当局がFacebookを独占禁止法違反の疑いで提訴した。競争が阻害され、プライバシー保護の面でも消費者に不利益が及んでいるとの見方がある。

 同じくカリフォルニアの企業であるAppleのCEO(最高経営責任者)Tim Cook氏は以前、MSNBCとのインタビューで「顧客を収益化すれば、つまり顧客がわれわれの製品であれば大きな収益が得られるだろうが、われわれはそうしない選択をした」と話している。

 今後、さらに重要な問題へと発展しそうなプライバシーへの取り組みについて、記事を集めた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]