「LibreOffice 7.1」公開、 運営団体は企業に有料版を利用するよう要請

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2021-02-08 10:49

 The Document Foundation(TDF)は「LibreOffice 7.1 Community」をリリースした。LibreOfficeは、「Windows」「macOS」「Linux」で「Microsoft Office」の代わりに利用できるOfficeスイートだ。

LibreOffice
提供:Getty Images/iStockphoto

 LibreOffice Communityは、「Office 365」のようなサブスクリプション契約のクラウドサービスを利用したくない人や、GoogleのOfficeスイートを利用したくない人向けに提供されている。

 LibreOffice 7.1 Communityでは、文書作成アプリの「Writer」、スプレッドシートアプリの「Calc」、プレゼンテーション作成アプリの「Impress」、グラフィックエディターの「Draw」がアップデートされている。また、Microsoftのアプリ「Word」「Excel」「PowerPoint」のファイルとの互換性も改善された。

 今回のリリースに当たり、TDFはCommunity版を使用している企業に対する不満を表明している。TDFは、LibreOffice 7.1 Communityは個人向けであり、企業向けではないことを改めて強調した。

 TDFによれば、TDFのパートナーであるCollaboraや、サポートパートナーであるRed Hatが提供する有料版ではなく、Community版を選択する企業が増える傾向にあるという。

 同団体は、企業からのサポートの不足がLibreOfficeプロジェクトの持続可能性に対する脅威になっており、開発が遅れつつあると述べている。

 TDFは、企業に対して同団体のパートナーが提供する「LibreOffice Enterprise」を導入するよう求めた。 Enterprise版では長期サポート版や専門的なサポート、カスタム機能、サービス品質保証(SLA)などを利用することができる。

 同団体は、同プロジェクトに対するコミットの73%はCollabora、Red Hat、CIB/allotropiaなどのパートナーが雇用している開発者によるもので、これらのパートナーが企業顧客をサポートする過程で行われたものだと強調している。

 LibreOffice 7.1では、ユーザーインターフェース(UI)を選択するダイアログを含む、幾つかの新しいダイアログが追加された。LibreOfficeのインターフェースには、7種類のフレーバーが用意されている。今回のバージョンでは、ウェブからワンクリックで拡張機能を導入できるダイアログも利用できるようになった。また、一貫性を高めるためにツールバーアイコンのデザインも多数変更されている

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]