編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

東急建設、「SAP Analytics Cloud」を既存ツールとハイブリッド活用

NO BUDGET

2021-02-25 07:00

 SAPジャパンは、東急建設が中期経営計画に基づく3カ年のICT戦略に向けて、データの可視化や分析を強化するために「SAP Analytics Cloud」の活用を開始したと発表した。

 東急建設は「SAP BusinessObjects」を2003年頃に導入し、各部門が必要なデータを収集/加工して活用してきたが、データを集計するだけでなく、迅速な意思決定につなげるため、データを可視化するダッシュボードを作成するツールの選定を開始した。

 その結果、SAP BusinessObjectsとSAP Analytics Cloudのハイブリッドな活用を決断し、2019年にSAP Analytics Cloudを導入した。

 導入理由は、既存のSAP BusinessObjectsのデータ資産も活用できることや、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールとしては導入コストが低く、スモールスタートできることなどが決め手となった。

 ハイブリッド活用は、人事部が主導する労働時間管理から開始された。労働時間をダッシュボード化し、部署ごとに残業時間の超過を把握できるようにした。以前は毎月人事系システムからデータを取得し、作表したファイルを各部門に送付していたところ、各部門担当者は自身の見たい時に労働時間を把握できるようになり、大幅な効率化が実現された。なお労働時間管理のダッシュボードは、システムセンターでの試作と人事部のレビュー工程を繰り返し、1カ月程度で構築することができたという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]