編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
海外コメンタリー

AWSとHugging Faceが連携、オープンソース深層学習の"大衆化"へ--幹部に聞く

Tiernan Ray (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-04-12 06:30

 2年前のことだ。米ニューヨークの人工知能(AI)スタートアップであるHugging Faceは、自然言語処理の分野に颯爽と登場すると、多くの主体が最先端の深層学習の世界に簡単に参加できる道を開く技術をもたらした。同社の「Transformers」は、Googleの「BERT」をはじめとする数多くの自然言語処理用ニューラルネットワークに素早く対応できるプログラミングキットで、現在主流のプログラミングフレームワークである「PyTorch」や「TensorFlow」から呼び出せるライブラリーとして公開された

 Transformersの人気は急速に高まっている。同社によれば、今では5000社以上の企業がこのライブラリーを使用しているという。

 このツールキットの人気は、世界最大のクラウドコンピューティングプロバイダーであるAmazon Web Services(AWS)にも認識されていたようだ。両社は3月、TransformersとAmazon AWSの優れたプログラミングツールを組み合わせて利用できるようにするためのパートナーシップを結んだと発表した。

 Hugging Faceの共同創業者であり、同社の最高経営責任者(CEO)を務めるClement Delangue氏は、米ZDNetが3月に行ったインタビューで、「NLP(自然言語処理)の分野で主流のオープンプラットフォームになった当社にとって、クラウドプラットフォーム市場のリーダーであるAWSと緊密に連携を取ることは重要だ」と述べた。

 またAmazonの機械学習サービス担当バイスプレジデントであるBratin Saha氏も、同じインタビューで、「当社の多くの顧客が以前からNLPにHugging Faceを使用している。今回の連携は、それらの顧客にさまざまな機能を提供するためのものだ」と述べている。

 このパートナーシップはいくつかの部分から構成されている。Hugging Faceはこれまでに、Amazonの機械学習のデプロイを支援するツール群である「SageMaker」上で、2つの新しいサービス(「AutoNLP」と「Accelerated Inference API)を構築している。またHugging Faceは、AWSを「推奨クラウドプロバイダー」として選択したとしている。

 このパートナーシップでは、まず「DLC(Deep Learning Container)と呼ばれる深層学習に特化したコンテナサービスを提供する。これを利用すれば、Hugging Faceが持っている7000種類以上の自然言語処理モデルライブラリーのデプロイを高速化できるという。

 そしてそのすべては、SageMakerの開発環境に統合されている。今回のパートナーシップは、Amazonにとって大きな勝利だと言えるだろう。同社は12月に開催した年次イベント「re:Invent」で、機械学習の開発をスピードアップするためにSageMakerを使っている実務者が増えていると述べていた

 2017年にリリースされたSageMakerは、そうしたタスクの設定や実行に必要な、単調で面倒な仕事の多くを自動化できるツール群だ。

 「ソフトウェア1.0のオープンソースの時代と比べると、もっとも大きな課題は使いやすさだ」とDelangue氏は言う。「機械学習は研究主導の分野であり、NLPの研究者以外の人々が利用するのはかなり難しい」

 Delangue氏によれば、今回の協力関係はそれを使いやすくするための大きな一歩であり、異なる技術スタックの間を橋渡しし、それらをうまく統合するための取り組みだという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]