編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

Broadcom、シマンテックなどのソフトウェアを「Google Cloud」に移行へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-14 14:22

 Broadcomは米国時間4月13日、同社が有するSymantecのスイートや、CA Technologiesの製品を含むエンタープライズオペレーションソフトウェアを「Google Cloud」上で提供すると発表した。

 Broadcomによると、Google Cloudとの戦略的提携に基づき、セキュリティやオペレーション、DevOpsのアプリケーションポートフォリオで、「クラウドサービスの統合」を強化していくという。

 Broadcomは、「Symantec Web Security Service(WSS)」と「Cloud Access Security Broker(CASB)」について、Google Cloudへの移行が完了し、同社のその他のサイバーセキュリティアプリケーションについても間もなく移行するとしている。また、Google Cloudインフラで、同社のセキュリティスタックをモダナイズするとともに、サービスのデリバリープロセスなどを標準化しているという。

 Broadcomによると、Google Cloudのインフラによって、新しいクラウドネイティブなサービスの開発が加速されるほか、サービス間通信のレイテンシーを低減できる。また、スケーラビリティーやレジリエンスの向上、インフラのコンプライアンス認証の強化も可能になる。

 今回の提携の下、Broadcomは「Dataproc」や「Google Cloud SQL」「Bigtable」といったGoogle Cloudのアナリティクスツールを活用することになる。

 まずはセキュリティソフトウェアから移行が開始されているが、ビジネスマネジメント、テスト、DevOps、AIOps、アジャイルマネジメントアプリケーションなども移行するとみられる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]