編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Broadcom、シマンテックなどのソフトウェアを「Google Cloud」に移行へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-04-14 14:22

 Broadcomは米国時間4月13日、同社が有するSymantecのスイートや、CA Technologiesの製品を含むエンタープライズオペレーションソフトウェアを「Google Cloud」上で提供すると発表した。

 Broadcomによると、Google Cloudとの戦略的提携に基づき、セキュリティやオペレーション、DevOpsのアプリケーションポートフォリオで、「クラウドサービスの統合」を強化していくという。

 Broadcomは、「Symantec Web Security Service(WSS)」と「Cloud Access Security Broker(CASB)」について、Google Cloudへの移行が完了し、同社のその他のサイバーセキュリティアプリケーションについても間もなく移行するとしている。また、Google Cloudインフラで、同社のセキュリティスタックをモダナイズするとともに、サービスのデリバリープロセスなどを標準化しているという。

 Broadcomによると、Google Cloudのインフラによって、新しいクラウドネイティブなサービスの開発が加速されるほか、サービス間通信のレイテンシーを低減できる。また、スケーラビリティーやレジリエンスの向上、インフラのコンプライアンス認証の強化も可能になる。

 今回の提携の下、Broadcomは「Dataproc」や「Google Cloud SQL」「Bigtable」といったGoogle Cloudのアナリティクスツールを活用することになる。

 まずはセキュリティソフトウェアから移行が開始されているが、ビジネスマネジメント、テスト、DevOps、AIOps、アジャイルマネジメントアプリケーションなども移行するとみられる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]