編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

NRIがAWSジャパン協力のもと、アナリティクスプロジェクト向けキットを開発

NO BUDGET

2021-04-22 11:42

 野村総合研究所(NRI)は、アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)の協力のもと、アナリティクスプロジェクト向けの分析キットを開発した。

 NRIは、このキットなどを活用しながら、企業が実施するアナリティクスプロジェクトに対応し、AWSに関する技術的な知見を有するプロフェッショナルエンジニア、AWS AI(人工知能)/ML(機械学習)認定技術者、データ分析プロフェッショナル用の参画を通じて、環境構築からデータ分析に至るまでの支援を行う。

 同キットはNRIがアナリティクス関連プロジェクトで培ったノウハウが集約されされており、「Amazon SageMaker」を活用している。Amazon SageMakerは、AWSが提供する開発者やデータサイエンティスト向けのマネージド型サービスで、モデルの構築、機械学習、デプロイ機能などを提供する。

 同キットでは、アナリティクスプロジェクトを効果的かつ効率的に開始/運営できるよう、「分析対象の業務に合わせたデータモデルとサンプルデータ」「分析環境の自動構築テンプレート」「NRIのナレッジを集約/体系化したプロセスガイド」の3つを標準装備している。

 「売上予測」「顧客ターゲティング」といったデータ分析/活用の代表的なテーマに即したデータモデルとサンプルデータ、それらを題材としたサンプルソースコードを開発しており、分析対象とする業務に合わせて、用意されたデータモデルの変更や利用が可能。そのため、一からデータモデルを作り上げる必要がない。

 自動構築テンプレートによって分析プロジェクトに必要なAWSが提供するサービスの構成を定義し、それらを自動で構築できる。通常は、必要なAWSが提供するサービスを検討して選択した上で、それらの依存関係やセキュリティの設定を行う必要があるが、これらの作業を自動で行うことが可能だ。

 テンプレートを活用することで構築期間を大幅に短縮できるため、PoC(概念実証)期間中の分析サイクル実施回数を増やしたり、プロジェクトにおける分析期間を長く取ったりすることができる。また、分析するテーマの内容や段階により、「データの取り込み/可視化」「機械学習」「DWH(データウェアハウス)などの活用」と必要な機能を選択して構築でき、PoCから本格活用に向けた分析基盤へのスケールアップも可能となっている。

 また、プロセスガイドを活用することで、AWSが提供するサービスを活用したアナリティクスプロジェクトを、どのように進めていけばよいかが分かり、データ分析に関して経験の浅いメンバーやマネージャにとっては、プロジェクト実施の平易化/平準化が期待できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]