編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

NSSOLと日本IBM、5Gおよびエッジ向けプラットフォーム関連技術を提供

NO BUDGET

2021-06-01 11:06

 日鉄ソリューションズ(NSSOL)と日本IBMは、エッジコンピューティング、エッジAI(人工知能)、ハイブリッド/マルチクラウドのプラットフォーム管理に関する新技術について検証、検討し、6月以降に新しいソリューションの提供を開始していくと発表した。

 エッジコンピューティングは、DX(デジタル変革)の推進に5G(第5世代移動体通信)を活用する際の低遅延の実現やセキュリティの強化、ネットワーク負荷の低減といった課題を解決する。一方で、エッジコンピューティング環境は多数もしくは異なる種類のデバイスが設置されることも多く、複雑性が増す傾向にある。

 こうした環境では、アプリケーションの導入やメンテナンスが課題となり、設置場所が分散されることも多いため保守要員をオンサイトに配置しにくい。そのため、自律的かつセキュアな手法でエッジアプリケーションのライフサイクル管理を自動化していくことが重要になる。

 両社はエッジコンピューティング向けの最初のソリューションとして、「IBM Edge Application Manager」をエッジアプリケーションのセキュアなライフサイクル管理向けに提供していく予定だ。

 IBM Edge Application Managerは、エッジコンピューティング環境へのビジネスロジックや分析アプリケーションの導入や拡張についての自律的な管理機能を提供する。数万のエンドポイントを持つような大規模で多様かつ変化の激しアプリケーション環境を、一人の管理者で管理できるようになる。

 NSSOLは、顧客が通信事業者のネットワークや自営通信網を構築する際に必要となる要件や運用要件を踏まえ、日本IBMと連携し、エッジコンピューティングの活用に必要となるソリューションを企画、提供していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]