編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

東京大学、国内初の量子コンピューターのハードウェアテスト施設を設置

ZDNet Japan Staff

2021-06-07 16:14

 東京大学と日本IBMは6月7日、日本初という量子コンピューターのハードウェアテストセンター「The University of Tokyo - IBM Quantum Hardware Test Center」を東大浅野キャンパス内に開設したと発表した。量子コンピューターのコンポーネントの試験用に構築し、大規模な量子コンピューターの動作環境を再現するプラットフォームになる。

 今回の開設は、東大と日本IBMのパートナーシップに基づくもの。両者は、「テストセンターを通じて日本の参加企業や団体に量子システムテストベッドへのアクセスを提供し、量子コンピューターの将来のアプリケーション活用に不可欠な、高度な極低温マイクロ波コンポーネントとサブシステムおよび制御エレクトロニクスや、超伝導量子ビットを安定的に動作させるために必要な材料、高品質な信号伝送に必要な高周波部品や配線といった技術の研究開発を行う。また、極低温を実現するために必要な冷凍機やコンプレッサー、それらの制御技術も研究していく」と表明した。

 日本IBMは、「今回の開設により、量子コンピューターのハードウェアに関する要素技術から量子アプリケーションまで、より広い技術開発が加速することを期待している」とコメント。なお、2021年中に日本初のゲート型の商用量子コンピューティングシステム「IBM Quantum System One」を川崎市の「創造のもり かわさき新産業創造センター」に設置する予定になっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]