編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

日立ソリューションズ、IoT活用で作業員の安全管理を支援--労働災害の防止へ

NO BUDGET

2021-06-14 07:00

 日立ソリューションズは、IoT機器を活用して作業員の生体情報や位置情報、気象情報を取得/分析し、安全管理を支援する「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」の販売を開始した。価格は個別見積もり。

 同サービスでは、IoT機器のセンサーから作業員の脈拍や活動量などの生体情報や、気温、湿度、気圧などの気象情報、位置情報をタイムリーに取得し、クラウド上で統合管理する。これにより現場や職種など、さまざまな属性ごとにグラフや地図を用いてダッシュボード上に可視化する。

 同サービスを利用することで、建設業や製造業の安全衛生管理部門と現場管理者は、作業員の健康状態を遠隔地から継続的にモニタリングできるようになる。これにより酷暑下の熱ストレスなどの健康リスクを適切に把握し、労働災害の防止に対応することが可能となる。また作業員の位置情報から行動履歴を把握できるため、作業効率向上につなげることも期待される。個人ごとの日々の行動履歴(動態管理)を地図上に可視化し、把握することもできる。

 対応するIoT機器の第一弾として、村田製作所と共同で開発した「作業者安全モニタリングシステム」のヘルメット型センサーデバイスと連携する。また、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスとの連動も計画している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]