編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

カメラを常時接続しろ、部屋全体を映せ--「リモハラ」対応で悩む上司と部下 - (page 3)

TechRepublic Japan Staff

2021-07-28 07:15

    業務管理について
  • いちいちチャット上で挨拶すること(30歳男性)
  • バーチャルオフィスの使用を検討された(40歳女性)
  • チャットや社内会議が多すぎてうるさい(29歳女性)
  • 電話に出られないとチャットで状況を確認してきた(37歳女性)

 容姿・服装については、体型やメイク、普段着への言及などの声が挙がった。自宅については、家の外にいる鳥の鳴き声への指摘や自宅の階数を聞かれるなど、リモートならではの嫌がらせもあることが判明。業務管理については、いちいちチャット上で挨拶することや電話に出ないとチャットで状況を確認してくるなど、過干渉となるような内容も挙がっている。

 部下に対し、上司からリモハラを受けないように気を付けているかでは、約6割が「気を付けていない」と回答している。

上司からリモハラを受けないように気を付けているか(単数回答、n=300、出典:ALL CONNECT)
上司からリモハラを受けないように気を付けているか(単数回答、n=300、出典:ALL CONNECT)

 リモハラを受けないようにどのような対策をしているのか、具体的な対策方法は以下の通り(n=150)。

  • しっかりあいさつをすることや提出物の期限を守るなど、悪目立ちしないようにする(24歳男性)
  • カメラを付けさせたがるから「通信環境が良くない」と常に言っておく(29歳女性)
  • 白い壁以外、映らないようにしている(29歳男性)
  • 自分からプライベートの話は持ち出さない。相手にも聞かない(31歳女性)
  • なるべくカメラに映る背景を壁にして、部屋の家具が映らないようにしている(36歳男性)
  • 通勤時と同じような服装、メイクで身だしなみを整える(48歳女性)
  • 自分から適宜報告をするようにしている(50歳女性)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]