編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「シン・テレワーク」にHTML5版、MacやChromebookに対応--2022年3月末まで延長

TechRepublic Japan Staff

2021-08-06 06:45

 NTT東日本は8月5日、2020年4月から提供している「シン・テレワークシステム」のHTML5版の提供を開始した。「MacやChromebookからも利用したい」という声に対応した。

 シン・テレワークシステムは、NTT東の特殊局や独立行政法人の情報処理推進機構(IPA)の産業サイバーセキュリティセンター サイバー技術研究室のほか、筑波大学のOPENプロジェクトやKADOKAWA Connected、ソフトイーサなど通信やソフトウェアの専門家と提携して開発。無償で提供するソフトウェアと仮想私設網(VPN)通信で構成される。

 2020年4月から提供を開始し、2021年7月末時点で約17万人が利用している。実証実験開始以降、さまざまな機能の追加開発を続けている。従来はWindowsだけだったが、「自宅のMacやChromebookからも利用したい」という要望が寄せられていた。

 関係者の間で議論して、新たにソフトウェアを開発して、自宅にある端末を問わずにブラウザから接続できるHTML5版を開発、同日から提供を開始した。HTML5版では、自宅側の端末にアプリケーションをインストールすることなく、どんな端末からも職場PCの画面にアクセスできる。

 2021年10月末までとしていた実証実験の期間を2022年3月末まで延長することも発表した。終了する場合は終了の6カ月前に知らせる。

Chromebookでのシン・テレワーク画面(出典:NTT東) Chromebookでのシン・テレワーク画面(出典:NTT東)
※クリックすると拡大画像が見られます
Macでのシン・テレワーク画面(出典:NTT東) Macでのシン・テレワーク画面(出典:NTT東)
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]