編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「Windows 11」、Spotifyを流して仕事に集中できるタイマーを導入へ

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-10 12:16

 Microsoftは米国時間8月5日、「Windows 11」の新機能をまた1つ明らかにした。それは、気が散るような物事をしゃ断し、作業の完了に向けて集中できるようにする「Focus Sessions」と呼ばれるものだ。

 この新機能では、「週次レポートの仕上げ」といった作業を選択し、「Spotify」のプレイリストを選び、タイマーをセットできる。

 ハイブリッドワークに向けたMicrosoftの取り組みを考えた場合、Windows 11と「Office 365」の連携だけでなく、Focus Sessionsにおける楽曲ストリーミングサービスSpotifyとの統合をアピールするということは驚くに値しない。

 Microsoftの最高製品責任者(CPO)であるPanos Panay氏はFocus Sessionsをツイートで発表し、「これは、特にSpotifyとの連携によって、私にとってゲームチェンジャーとなっている」とした。

 Focus Sessionsの情報は最新プレビュー版のリリースノートには記載されていなかったため、今後のプレビューで搭載されるとみられる。

 現在のプレビュー版では、新たなウィジェット「Family」が追加されたことにより、ユーザーは「Microsoft ファミリ グループ」のメンバーによる最近のアクティビティーを確認できるようになった。

 このビルドは、Windows 11に「Microsoft Teams」のチャットボタンを追加した前回のプレビュー版をベースにしたものとなっており、タスクバー上のチャットアイコンに通知バッジを表示するようになっている。この機能は段階的に提供されている。

 またマルチモニター搭載システム向けの変更として、「Display Settings」下にあった「Identify」ボタンが、今回のアップデートでモニター配置のコントロール下に移されている。

 さらに「File Explorer」では、コンテキストメニューがよりコンパクトになるとともに、コマンドバーの「New」ボタンに手が加えられている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]