PDF Report at ZDNET

ハッカーのビジネスモデル、サービスとしてのランサムウェア

PDF Report@ZDNet

2021-08-16 07:00

 多くの企業がシステムのクラウド化を進める中で、“as a service”の利用範囲は必ずしも人々にとって前向きなものに限らなくなっている。

 2021年5月に起きた米石油パイプライン企業であるColonial Pipelineへのランサムウェア攻撃によって、米国東部の燃料流通に支障が起きた。米連邦捜査局(FBI)は、ロシアに拠点を置くと見られるハッカーグループのDarkSideが、この攻撃に関与していることを確認していると発表した。

 DarkSideが攻撃に利用しているのが、サービスとしてのランサムウェア(RaaS=Ransomware as a service)で、他の悪意あるグループにサイバー犯罪ツールを販売していると見られている。また、身代金を目当てにデータを暗号化したり、データを盗んで身代金の支払いがなければデータを漏えいさせると脅迫したりすることで知られている。

 また、Colonial Pipelineが500万ドルをDarkSideに支払ったと大きく報じられ、また、DarkSideが数十人の被害者から、9000万ドル規模の身代金をビットコインで受け取ったとの話も聞こえてきた。

 その「ビジネスモデル」が注目されることで、今後攻撃側の勢いはさらに強まると予想されている。企業はどう対応していくべきなのか。RaaSについて解説した記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]