編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ウイングアーク1st、電子契約サービス提供--ペーパーレス化と内部統制強化が可能に

NO BUDGET

2021-08-23 07:00

 ウイングアーク1stは、電子契約サービス「invoiceAgent WingSign(インボイスエージェント ウイングサイン)」の提供を開始した。

 同サービスは、既存システムを変更することなく契約書の作成・確認・署名から保管管理までを電子化し、ペーパーレスやハンコレスを促進する。契約業務の電子化による業務効率化に加えて、締結した契約書と商取引の過程で流通する関連文書を電子保管の領域で一元管理できるため、さらなるペーパーレス化と内部統制強化が可能になるという。

 同サービスの利用には、ウイングアーク1stのドキュメント管理ソリューション「SPA Cloud」、または電子取引サービス「invoiceAgent TransPrint」の利用が必要。

 主な機能として、電子署名とタイムスタンプの付与では、担当者が承認して契約が成立したことに対し、同社が電子署名とタイムスタンプを付与する。

 自動生成、手書き、画像などで署名を設定でき、契約状態や契約起案、メールの宛先など詳細情報に関して、リマインド設定ができる。契約完了、文書属性、契約作成者、契約を編集した際のユーザー情報、契約日時などの内容を記載した電子署名とタイムスタンプを付与した証明書を出力することが可能。

 さらに契約書名での検索のほか、全文検索、文字、数字、日付、文書IDによる検索が可能で、版管理、分類・仕分け・保管期間の設定など文書を安全に保管できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]