味の素、電子契約に「Adobe Sign」--紙での作業を削減、リードタイム解消

藤代格 (編集部)

2021-08-27 06:45

 世界35の国や地域に拠点を持ち、130カ国で商品を販売する味の素(中央区、連結従業員数3万3461人)は、紙での契約に伴うリードタイム解消のために電子署名サービス「Adobe Sign」を活用。

 契約プロセスを簡素化し、リモートワークにも効果を発揮しているという。8月26日、アドビ(品川区)が発表した。

 紙で契約する場合は契約書の郵送だけで数日必要となり、締結までは約1カ月ほどかかっていたという。3~4社間での契約の場合などはさらに多くの時間が必要だったとしている。

 2020年4月、リードタイムを削減して年間数千件の契約業務を効率化すべく、調達部門から提案されたAdobe Signを採用。紙から電子への移行に合わせた運用ルール、取引先向けの簡易マニュアルなども作成したという。

 紙出力した契約書の製本、捺印、印紙を貼って郵送というプロセスを削減。海外企業へ夕方にリンクを送付、翌朝には締結できた事例もあるという。コロナ禍によるテレワークの本格化にも貢献したとしている。

 34言語に対応しており、将来的なグループ全体の電子契約プラットフォームとしての採用も視野にあるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]