編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「Windows 11」新プレビュー、新たな「Microsoft 365」ウィジェットなど

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-30 12:02

 Microsoftは米国時間8月27日、「Windows 11」の新たなプレビュービルド(No. 22000.168)を、「Windows Insider」プログラムの「Dev」チャネルと「Beta」チャネル向けにリリースした。このビルドでは、主に修正とアップデートが提供されているほか、新しい「Microsoft 365」ウィジェットが導入された。Windows 11と統合された「Microsoft Teams」のチャット機能は、サポート対象言語が拡充されている。

Windows 11
提供:Microsoft

 新しいMicrosoft 365ウィジェットは、Windows 11を実行するPCで「Azure Active Directory」アカウントにサインインしているビジネスユーザーを対象としている。このウィジェットには、頻繁に使用されるドキュメント、会社のニュース、会議の記録など、仕事に関連するさまざまな情報が表示される。この機能を試してみたいInsiderテスターは、ウィジェットを開いて、「Add Widgets」(ウィジェットの追加)ボタンをクリックすれば良い。Microsoftはこれまでに、「ファミリー セーフティ」などのWindows 11向けの複数のウィジェットをテストしている。

 このビルドでは、Teamsのチャットでさまざまな言語がサポートされるようになった。Windows 11のTeamsのチャット機能は、「Skype」の「Meet Now」のボタンとオプションに取って代わるようだ。Windows 11におけるこの機能の狙いは、さらなるTeamsのユーザーがTeamsに追加されている一般ユーザー向けの機能を利用し、仕事の環境以外でもTeamsを使うことを検討するよう促すことにあるかもしれない。

 またMicrosoftは、「Microsoft Store」のアップデートをまず「Dev」チャネルのWindows 11テスター向けに展開している。この新しいバージョン(22108.1401.9.0)では、「デザインが完全に刷新」された「Library UI」が提供されるほか、Storeアプリの製品の宣伝用に「Spotlight」機能のデザインがアップデートされている。Microsoftは、Storeで「Android」アプリ提供のテストを開始することを約束しているが、開始時期について明らかにしていない。

 Microsoftは、Windows 11のプレビューのテストを継続したいInsiderテスターに対し、DevチャネルからBetaチャネルに移行することを検討する適切なタイミングだとあらためて促した。Devチャネルは、OSに搭載されるかどうか分からない「最先端」の機能をテストするために使われるようになる予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]