編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
調査

コロナ禍で、銀行のマネーロンダリング対策におけるAI導入が加速--SAS調査

NO BUDGET

2021-08-31 14:12

 SAS Institute(SAS)は、KPMGとAssociation of Certified Anti-Money Laundering Specialists(ACAMS)と共同で、マネーロンダリング対策(AML)テクノロジーに関する調査を実施し、結果を発表した。

 これによると、新型コロナウイルス感染症への対応で、金融機関の3分の1がAMLテクノロジー向けに人工知能(AI)と機械学習(ML)の導入を加速させている。その一方で、別の39%のコンプライアンス専門家は、AI/MLの導入計画はコロナ禍に関係なく継続すると回答した。

 この調査は世界の850人以上のACAMSメンバーのインサイトを基にしたもので、ACAMSは各メンバーの雇用組織がマネーロンダリングの検出にテクノロジーを利用しているかについて尋ねた。マネーロンダリングの調査範囲は、毎年世界のGDPの2〜5%(8000億〜2兆ドル)の範囲であると推定している。

 その他の回答として、回答者の57%がAMLコンプライアンスプロセスにAI/MLを導入している、AIソリューションを試験的に導入している、または今後12〜18カ月以内に導入する予定であると答えた。

 また回答者の66%が、規制当局はAIや機械学習の活用を金融機関に望んでいるとした。さらに、資産規模10億ドル以上の大手金融機関の28%は自分たちがAIテクノロジーのイノベーターであり、アーリーアダプターであると考えている一方、企業価値10億ドル未満の中小規模金融機関の16%も同様に考えているという。

 回答者によると、AIやML導入の主な要因は、調査と規制当局への提出書類の品質を向上させる(40%)、 誤判定を減らしてそれに伴う運用コストを削減する(38%)という2つが挙がっているという。

 SASはAIやMLテクノロジーについて、市場の変化や新たなリスクに適応できるダイナミックな性質を持っており、最小の中断で既存のコンプライアンスプログラムに迅速に統合できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]