編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

NEC、企業向け5Gサービス領域でAWSとクラウドエッジ連携を強化

NO BUDGET

2021-09-16 09:20

 NECは、自社のローカル5G(私設運営型の第5世代移動体通信システム)ソリューションとAmazon Web Services(AWS)のクラウドサービスやエッジサービスを組み合わせたオファリングメニューの開発を開始した。

 活用するAWSのクラウドサービスは「AWS Outposts」や「AWS Snow Family」などのエッジサービス、キャリアネットワークを介した「AWS Wavelength」などが挙げられている。

 この取り組みは企業向け5Gサービスの強化を目的にしたもので、NEC玉川事業場の「ローカル5Gラボ」に、NECのローカル5Gおよび映像解析アプリケーションと、AWSのエッジサービスを組み合わせた共創環境を構築し、開発を進めていく。

 同環境は今後、AWSのエッジサービスだけではなくクラウドサービスも組み合わせた連携も検討しており、ユーザー企業およびパートナーとの実証実験や共創により、ユースケースの拡張とオファリングメニューの開発を加速していく。

NECの考えるクラウドエッジ連携イメージ
NECの考えるクラウドエッジ連携イメージ

 NECでは、オファリングメニューの提供を通じて、ユーザーがさまざまなアプリケーションを、クラウド環境とユーザーの現場にあるエッジ環境の最適な組み合わせで利用できるように支援していく。

 エッジ環境での処理により、データを外部に出すことなくセキュリティを確保しながら、低遅延で処理結果を得ることができる。また、AWSのクラウドサービスおよびエッジサービスは共通的かつ統合的に利用できるため、クラウドエッジ環境間の柔軟なリソース配置、アプリケーションのポータビリティーの向上、各環境に対応したアプリケーションの開発期間短縮などのメリットを享受でき、両環境の最適な組み合わせによりコスト削減も期待できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]