横河電機とNTT Com、2024年度に共同利用型の制御システムクラウドを提供

ZDNET Japan Staff

2021-10-19 16:59

 横河電機とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は10月19日、共同利用型の制御システム(OT)のクラウドサービスを共同開発し、製造業向けに2024年度の提供開始を目指すと発表した。

 この取り組みでは、横河電機のOTシステムのノウハウとNTT ComのIT・クラウドのノウハウを組み合わせ、ITにおけるクラウド化の考えをOT領域に応用するという。両社で生産制御システムと製造実行システムのクラウドサービスを開発し、共同利用型サービスとして提供していく。

サービスイメージ
サービスイメージ

 OTシステムは、極めて高い安定性や堅牢性が重視され、大半のシステムが工場やプラントなどの現場で運用されている。このため、事業環境の変化などへの迅速なシステム変更などが難しいという性質も抱える。

 両社では、OTシステムの機能をITのクラウドサービスのような形で共同利用型として提供することにより、製造業が変化への対応などにおいて高い柔軟性を持つOTシステムを利用できるほか、製造にまつわるデータの分析、活用などが容易になると説明。また、サプライチェーン(調達や供給、配送、流通などの事業上のつながり)を最適化でき、二酸化炭素の排出抑制といった環境保護の取り組みも支援できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    2023年OTサイバーセキュリティの現状レポート--75%の組織が過去1年間に1回以上の侵入を経験

  2. セキュリティ

    サイバーセキュリティ強化に向けてマイクロソフトが示す実践的な指針を紹介

  3. セキュリティ

    5分でわかる「AWS WAF」--基礎知識から運用で陥りやすい3つの落とし穴までを徹底解説

  4. セキュリティ

    最前線で活躍するトップランナーと本気で考える、これからのサイバーセキュリティ

  5. 経営

    ガートナーが指南、迅速な意思決定を促す「AI」活用を実践する3つの主要ステップ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]