SCSK、IBMメインフレームのモダナイゼーションなどを実現する新サービス

NO BUDGET

2021-10-27 14:01

 SCSKと日本IBMは、SCSKがビジネスパートナーとしてIBMのメインフレーム「IBM Z」の再販契約を締結し、両社の協業を拡充していくことを発表した。

 これに伴いSCSKは、メインフレームを利用しているユーザー企業のITインフラストラクチャーの将来構想の策定から提供、設計、構築、モダナイゼーション、運用管理まで、ワンストップでシームレスに支援するメインフレームトランスフォーメーションサービス「MF+(エムエフプラス)」の提供を開始した。

メインフレーム・トランスフォーメーションの概要
メインフレーム・トランスフォーメーションの概要
メインフレーム・トランスフォーメーションの概要
メインフレーム・トランスフォーメーションの概要
メインフレーム・トランスフォーメーションの概要
メインフレーム・トランスフォーメーションの概要

 現在、多くの企業でメインフレームをはじめ自社で所有や管理しているシステムに加え、クラウドやエッジ、IoT機器など、多様なシステムが緊密に連携する新しいIT基盤の構想策定やそうしたシステムの実装が課題となっているとされる。

 SCSKは、「MF+」によりメインフレーム基盤の最適化や、ハイブリッドクラウド環境へのシームレスな統合を進め、ユーザー企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を戦略的に実現していくために信頼性とセキュリティを提供する「IBM Z」の潜在能力を引き出せるとしている。日本IBMは、人工知能(AI)などの最新技術の活用やグローバルで培ってきたメインフレーム・アプリケーションのモダナイゼーション、大規模システムの移行や運用に関するノウハウなどを通じ、SCSKを支援していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]