編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
AWS re:Invent

AWS、「AWS Cloud WAN」をプレビュー提供--グローバルな分散ネットワークを管理

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-12-03 10:39

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間12月2日、「AWS Cloud WAN」のプレビュー版の提供を開始したと発表した。これは、AWSを用いてグローバルなプライベートWANを構築、管理、監視するためのサービスであり、世界各地に分散したネットワークを管理する必要がある組織による利用を念頭に置いている。

 Amazonの最高技術責任者(CTO)Werner Vogels氏は「re:Invent 2021」で「あなたの会社が、世界各地に多数の製造施設を抱える国際的な大企業であり(中略)それらすべてをAWSに接続する必要があると考えてほしい」と述べた。

 Cloud WANによって、複数の場所やネットワークをまたがったグローバルネットワークのネットワークポリシーを一元的に定義できるダッシュボードが顧客に提供される。また顧客は、「Amazon Virtual Private Cloud(VPC)」やオンプレミスロケーションを接続する際に、「AWS Virtual Private Network(VPN)」だけでなく、サードパーティーのソフトウェア定義WAN(SD-WAN)製品を指定できる。

 Vogels氏によると、Cloud WANは「AWSの大規模バックボーンを利用し、同インフラ上で稼働する、信頼性が高く、可用性に優れたソフトウェア定義WANをわずかな時間で構築してくれる」という。

 顧客はソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の一部を、例えば製造現場用とオフィス用など、セグメント化して切り出すことができる。これらのセグメントは明示的に許可しない限り、相互に通信できない。

 このサービスには、ネットワークの健全性、セキュリティ、パフォーマンスを監視するダッシュボードが含まれる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]