編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

Meta、バグ報奨金プログラムをアップデート--Reality LabsのVR/AR製品など対象

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-12-13 08:59

 Meta(旧Facebook)は米国時間12月10日、バグ報奨金プログラムを更新し、同社の仮想現実(VR)/拡張現実(AR)製品を対象とする新たな支払いガイドラインを明らかにした。

Meta's new smart shades are part of its bug-bounty program, too.
提供:Josh Goldman/CNET

 MetaのReality Labs部門が開発したVRヘッドセット「Meta Quest 2」、スマートスピーカー「Meta Portal」、スマートサングラス「Ray-Ban Stories」などのハードウェア製品が対象となる。

 Metaは、どのような種類のバグを発見した場合に最も高い報奨金が得られるかをセキュリティ研究者が理解できるようにしたいと考えており、同社のハードウェア製品のさらなるセキュリティ分析を奨励するとしている。

 Metaによると、支払われる金額は、検出されたバグがセキュリティに及ぼす可能性のある影響次第となる。例えば、デバイスのセキュリティを永続的に迂回できる恐れのあるバグの報奨金は最大3万ドル(約340万円)となる可能性がある。

 「Quest」のマイクへの不正アクセスにつながるバグの報奨金は5000ドル(約57万円)になる可能性がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]