編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

豪スーパー大手Woolworths、SAPプラットフォームを「Microsoft Azure」へ移行完了

Aimee Chanthadavong  (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-04-19 12:32

 オーストラリアの大手スーパーマーケットチェーンWoolworths Groupが、「Microsoft Azure」への移行を完了した。この計画は2020年より進められていた。

 Woolworths Groupは8カ月で、「SAP ECC ERP」「SAP Customer Activity Repository(CAR)on HANA」といった、SAPを利用したミッションクリティカルなアプリケーションやプラットフォームをAzureに移行したという。Woolworthsの小売業やサプライチェーン、企業財務、企業サポートチームを支える20を超えるSAPアプリケーション、75TBのデータ、135のデータベースサーバー、435のアプリケーションサーバーが移行された。

 Microsoftによると、WoolworthsはSAPの「Near Zero Downtime」サービスを利用し、サービスが中断する可能性のあった時間を数日から17時間に短縮した。またWoolworthsは、クラウド移行を機に災害復旧機能を見直した。さらに、Azureで保持するデータのサイズは半分に圧縮されたほか、OSやデータベースのアップグレードが実施された。

 Woolworthsの最高情報責任者(CIO)John Hunt氏は、今回のプロジェクトによって、継続的なERPのモダナイゼーションと、今後「SAP S/4 HANA on Azure」に移行する計画に向けた体制が整ったと述べている。

 同氏は、「Woolworths Groupではクラウドを活用して、イノベーションを推進し、市場投入のスピードを加速させている。われわれのクラウド変革は、店舗とデジタルチャネル全体で、より優れた顧客エクスペリエンスとチームエクスペリエンスを実現する重要な要素だ」と述べている。

 「このクラウド変革の一環として、SAPからAzureへの移行は、変化し続けるデジタル環境に対応したテクノロジーソリューションを提供するという、われわれのロードマップにおける新たなマイルストーンだ。Tata Consultancy Services(TCS)とMicrosoft、SAPはWoolworthsの長きにわたるパートナーだ。Woolworthsを深く理解し、クラウドテクノロジーの専門性を有している点を考えた場合、この戦略的イニシアチブで彼らと提携していることを喜ばしく感じている」(Hunt氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]