編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

センコーグループ、出張・経費管理SaaSを採用--改正電帳法対応で業務を標準化・スリム化

藤本和彦 (編集部)

2022-05-13 13:14

 総合物流のセンコーグループホールディングスは、グループ間接費管理基盤として出張・経費管理SaaS「SAP Concur」を採用した。サービスを提供するコンカーが5月13日に発表した。

 センコーグループの経理事務業務では、戦略会計システムの導入から約20年が経過するものの、紙による明細の作成や複数の管理部門によるハンコ承認などのアナログ業務が一部継続されてきた。同グループでは、昨今の働き方改革をはじめとする世相の変化に対応すべく、グループ全体に波及効果が見込めるデジタル変革(DX)施策を策定した。

 その第一弾として、2021年10月にSAP Concurソリューションを稼働させ、「旅費・経費精算業務改革」を進めている。

 具体的には、改正電子帳簿保存法に対応した領収書などのデジタル保存で、ペーパーレス化と経費精算業務の標準化・スリム化に向けて取り組んでいる。データを分析・可視化することでグループのガバナンス強化も目指している。

 2021年10月の段階でグループ内53社、2022年2月には20社で利用を開始しており、今後は国内グループ各社にも順次展開する予定だという。

主な導入効果
主な導入効果

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]