伊藤忠商事、紙帳票取引の業務改革にAI-OCRを活用--RPAと組み合わせて年間約5万時間を削減

ZDNet Japan Staff

2022-05-31 14:34

 伊藤忠商事は、紙帳票取引の業務改革の一環として、ABBYYのAI-OCR(AI技術を組み合わせた光学文字認識)を導入した。ABBYYジャパンが5月31日に発表した。

 伊藤忠商事では、各カンパニーが異なる分野でビジネスをする中、全社規模でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している。各カンパニーの共通する業務については、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を使ったDX基盤を通じて業務の効率化を図っている。

 一方で、紙の帳票での取引が多い受発注業務は、RPAだけでは効率化が難しく、AI-OCRの導入を決定した。AI-OCRとRPAと組み合わせることで、業務全体にかかる時間を年間4万9000時間削減することに成功したという。ABBYYのAI-OCRについては、読み取り精度が高く、簡単な固定帳票から複雑な非定型帳票まで対応可能な点が評価された。また、クラウドだけでなくオンプレミスに対応している点もセキュリティの観点から運用しやすく、導入の決め手となった。

 受発注や貿易関連業務で生産性が向上したことから、今後は他部門の決算書分析業務などでも工数を削減するなど、多くの領域でAI-OCRを活用する予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]