「Googleドキュメント」でプロジェクト管理機能を使うには

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-06-27 07:40

 プロジェクトに取り組んだ経験のある人なら、関連するタスクの管理がいかに重要であるかご存じのはずだ。しかし、本格的なプロジェクト管理ツールが万人に必要なわけではない。確かに、カンバンボードは素晴らしい。ガントチャートが大好きな人もいる。しかし、自分のプロジェクトでは、そこまで本格的なツールは必要ないという人もいるだろう。

 それに当てはまる人は、Googleが「Googleドキュメント」に追加した新機能を歓迎するはずだ。この新機能が発表されたのは、Googleが「ユーザーチップ」機能を公開した直後のことだった(この機能を使えば、Googleドキュメント内から簡単にほかのユーザーを呼び出すことができる)。ユーザーチップをリリースした直後から、GoogleはGoogleドキュメントの大幅な強化に着手し、ユーザーにタグを付ける機能だけでなく、ファイルのリンクや日付を追加する機能も追加した。

 Googleは先頃、プロジェクトのステータスを追跡する機能を追加し、Googleドキュメントをさらに高い次元に引き上げた。この新機能により、プロジェクトの追加、ステータスの選択、ファイルの関連付け、メモの追加が可能になった。それだけではない。「Product Roadmap」(プロダクトのロードマップ)と「Review Tracker」(レビュートラッカー)の両方を追加できるので、プロジェクトの進捗状況を把握し、さまざまなタスクのレビューのステータスを追跡することが可能だ。

 これら2つの機能を組み合わせれば、Googleドキュメントに簡単に埋め込むことができる(基本的ではあるが)非常に強力なプロジェクト管理ツールが手に入る。

 本記事では、この新機能の使い方を紹介する。この機能は、「Google Workspace」の無料版と有料版の両方で利用可能だ。

プロダクトのロードマップをGoogleドキュメントに追加する方法

 最初に、プロダクトのロードマップをGoogleドキュメントに追加する。この機能を使用すると、さまざまなプロジェクトのステータスを追跡できる。

 プロダクトのロードマップを追加するには(必要なだけ追加できる)、まずGoogleドキュメントのドキュメントを開く。ロードマップを追加したい場所にカーソルを置き、@文字を入力すると、ドロップダウンが表示されるので、いずれかのオプションを選択する(図1)。

Googleドキュメントの@ドロップダウンが表示されている。
Googleドキュメントの@ドロップダウンが表示されている。

 「Product roadmap」(プロダクトのロードマップ)を選択すると、オブジェクトがドキュメントに追加される(図2)。

プロダクトのロードマップがGoogleドキュメントのドキュメントに追加された。
プロダクトのロードマップがGoogleドキュメントのドキュメントに追加された。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]