編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
改めて考えるVDIとDaaSの使い所

DaaSを正しく理解する

國分俊宏 (シトリックス・システムズ・ジャパン)

2022-07-20 07:30

 前回の記事では、仮想デスクトップインフラ(VDI)とDesktop as a Service(DaaS)の違いについて詳細にご紹介しました。本稿では、DaaSにフォーカスし、新しい働き方との相性やメリットについて事例を交えてご説明します。

 現在、多くの企業は、物理デスクトップ戦略の強化やオンプレミスのVDIの更新を目的に、DaaSなどのソリューションに目を向けています。DaaSは、基本的にサービスプロバイダーがエンドユーザーにインターネット経由で仮想デスクトップやアプリケーションを提供するクラウド コンピューティング製品です。

 Future Market Insightsのレポートによると、クラウドベースのソリューションやテクノロジーへの投資の増加、デジタル化、スマートデバイスの普及が要因となり、DaaS市場は2029年までに178億米ドルに達すると予測されています。特にアジア太平洋(APAC)地域は、クラウドの導入とITインフラの進化に伴い、順調に成長しており、DaaSのようなソリューションがより多く受け入れられています。

 「Global Business Technographics Infrastructure Survey(2019)」によると、クライアントPCとしてDaaSとVDIどちらを検討するかという質問に対し、インドや中国、オーストラリアではDaaSの選択比率がVDIを大幅に超えました。

 インドや中国など、クラウドネイティブという考え方が浸透している市場においては、レガシーシステムの障壁が他国に比べて低く、オンプレミスとの共存が最大のメリットであるVDIの導入よりも、DaaS導入を検討する企業が多いと推測することができます。

出典:Global Business Technographics Infrastructure Survey(2019)
出典:Global Business Technographics Infrastructure Survey(2019)

 また、「Asia-Pacific Desktop as a Service Market 2019-2025」によると、APAC地域のDaaS市場は、2025年までに年平均成長率10%以上で成長すると予想されており、この成長は主に中国、インド、日本、その他のアジア太平洋諸国などの主要国の成長率に支えられています。

 さらに、ウェブ対応サービスによるデータへのアクセスの増加も、DaaSソリューションの採用を後押ししています。人工知能(AI)、機械学習(ML)、分析、ロボティクスなどの新技術は、DaaSのようなソリューションに道を開き、その成長にプラスの影響を及ぼしています。

DaaSの経済効果

 DaaSは、セキュリティに妥協することなく、従業員の満足度を向上させ、IT部門のプロセスを容易にするなど、複数の利点を備えています。

 Citrixが、Forrester Consultingに委託して、4つのインタビューを実施し、31の組織に対して実施した調査の結果では、「Citrix DaaS」の導入により、IT効率が10%向上し、従業員の生産性も5%アップしたと報告されています。

 クラウドの柔軟性は、サポートやITリソースの必要性を減らし、俊敏性を高めるとともに、その他の複数のコストを削減するのに役立ちます。同調査でも、ヘルプデスクのチケット(問い合わせ)が3000件減少したことが報告されています。

 リモートワーカーやハイブリッドワーカーである従業員は、トラブルによる作業中断が軽減され、より効率的に業務を進めることができます。また、全てのデータはデバイスではなく、クラウドやデータセンターに安全に保存されるため、従業員はどこからでも、どのデバイスでも、どのネットワークからでも、使いやすさを保ったまま安全に仕事ができます。

 集中管理により、IT部門は環境を迅速かつ容易に拡張できます。エンドポイントと企業データが分離されているため、デバイスが危険にさらされても、リソースは保護されたままです。クラウドの柔軟性を活用することで、組織の時間とコストを節約できます。承認されたエンドユーザーは、インターネットに接続されたデバイスから、仮想デスクトップを介して、どこからでもファイルやアプリケーションにアクセスできます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]