編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

西川、物流拠点に棚搬送ロボット導入--従業員の負担軽減と生産性向上へ

大場みのり (編集部)

2022-07-22 18:19

 西川は、同社の物流拠点である新埼玉センターにGreyOrangeの自動棚搬送ロボット「Ranger GTP」を21台導入し、7月から稼働させている。西川が7月22日に発表した。GreyOrangeは、インド発のロボットベンチャー企業。

新埼玉センター
新埼玉センター

 2020年に建設された新埼玉センターでは、人力でピッキング作業を行っていたが、従業員は広い倉庫内を歩いて移動するほか、寝具や寝装品には重い荷物も多く、重労働が課題となっていた。少子高齢化による人手不足に備えた対策も必要なことから、同社はRanger GTPを導入した。

Ranger GTPで荷物を運ぶ様子
Ranger GTPで荷物を運ぶ様子

 Ranger GTPは、物流施設の床面を走行するロボットと可搬式の専用棚を組み合わせ、担当者の元まで棚ごと商品を搬送し、ピッキングや棚入れに伴う歩行を大幅に削減する。 西川は、布団などのカバーやタオルといった小物商品のピッキングエリアに同ロボットを導入。これにより従業員の負担を軽減し、労働環境の改善に取り組む。今後本格稼働させることで、担当者の1日当たりの作業時間を合計112時間削減するとともに、容積効率を150%向上させる。一部商品に関しては出荷も自動化し、生産性の向上を目指す。

 西川は、Ranger GTPの導入を皮切りに、今後も物流現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進し、労働環境の改善と生産性の向上に努めるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]