トヨタファイナンス、AI対話エンジンの導入で顧客体験の向上を目指す

NO BUDGET

2022-08-12 07:15

 トヨタファイナンスは、顧客体験の向上に向けて、人工知能(AI)を搭載した音声対話エンジン「BEDORE Conversation」を導入した。製品を開発・提供するPKSHA Technology(PKSHA)が8月9日に発表した。

 トヨタファイナンスでは、以前からFAQシステムやチャットボットの導入が進めてきたが、課題として、PKSHA CommunicationのFAQシステム「OKBIZ.」に入力されたテキストを、別のチャットボット向けに手動で成形したり、画像を再アップロードしたりといった人的コストが膨大となる点が挙げられていた。

 そこで、BEDORE Conversationをチャットシステムとして導入することで、FAQ連動機能によるFAQの自動同期を可能とし、人的コストの大幅な削減を図ることとした。さらには、 「BEDORE Conversationの高度なAI対話エンジンにより、従来の約9倍となる高い自己解決率が見込める点も今回の導入の後押しとなったとしている。

 今後は、24時間対応可能な無人完結可能なデジタル環境の整備と並行して、無人完結が難しい質問に対しては有人チャット機能を拡張するなど、顧客が課題解決のために最適な環境を選択できる環境を整備していくという。

導入後の効果
導入後の効果

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]