編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

AI型教材「Qubena」が北海道留萌市で正式採用--約1100人が利用

NO BUDGET

2022-08-18 16:45

 北海道留萌市は全市立小中学校における指導の一環として、COMPASSが提供する人工知能(AI)型教材「Qubena(キュビナ)」を採用した。4月から約1100人が活用している。COMPASSが発表した。

 QubenaはAIが生徒一人一人の習熟度に合わせて最適な問題を出題する機能を持つ教材で、2021年度には小学校・中学校の5教科対応版をリリース、全国の小中学校1800校、約50万人が利用している。

 同市では、国のGIGAスクール構想のもと、2020年度末に高速大容量の通信ネットワークと端末が1人1台整備された。その上でQubenaを積極的に活用することで、子どもたち一人一人に応じた学びの実現を目指す機運が高まっているという。また、家庭学習や複式教育における間接指導などにも学習効果が期待されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]