「ChromeOS」でLinuxターミナルアプリにSSH接続を追加するには

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-09-29 07:30

 現在の「ChromeOS」は、あらゆる種類のユーザーにとって非常に素晴らしいプラットフォームとなっている。OSの使用時、ソーシャルメディアの閲覧や場当たり的な論文の執筆、最新のトレンドを求めてのショッピングにほとんどの時間を費やす一般的なユーザーも、1日中リモートマシンを管理しなければならない管理者も、ChromeOSで自らのニーズに対応することができる。

 筆者がよく使うツールの1つは、「Linux」によって提供される。すでにLinuxを有効にしている人は、ChromeOSが単なるウェブブラウザー以上のものであることをご存じのはずだ。Linuxのサポートを有効にすると、多数のアプリケーションをインストールして、ChromeOSをより従来のOSに近いものに変えることができる。

LinuxターミナルアプリにSSH接続を追加する

 Linuxを有効にすれば、単なるコマンドラインツール以上の機能を備えるターミナルツールが手に入る。ChromeOSのLinuxターミナルでは、便利な「Secure Shell」接続マネージャーも利用できる。

 本記事では、それがどのように機能するのかを解説する。

必要なもの

 この便利なSSH管理ツールを利用するのに必要なのは、Linuxサポートが有効になっている「Chromebook」だけだ。もちろん、SSH接続を許可するリモートマシンも必要になる。それだけだ。では、実際の作業に取り掛かろう。

1. ターミナルを開く

 ChromeOSデスクトップの左下にあるランチャーを開く。ターミナルアプリを見つけてクリックする。

提供: Jack Wallen
ChromeOSのランチャーからターミナルアプリを起動する。
提供:Jack Wallen

2. SSHのエントリーを追加する

 ターミナルアプリから、「Add SSH」(SSHを追加)をクリックする。

ターミナルアプリを使用すると、SSH接続を簡単に管理できる。
ターミナルアプリを使用すると、SSH接続を簡単に管理できる。
提供:Jack Wallen

3. SSHの詳細を入力する

 表示されたポップアップで、新しいSSH接続の詳細を以下のようにコマンドセクションに入力する。

ssh USERNAME@SERVER

 USERNAMEはリモートサーバーのユーザー名、SERVERはサーバーのIPアドレスだ。例えば、コマンドは以下のようになる。

ssh zdnet@192.168.1.100

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]