編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

マイクロソフト、10月の月例パッチで脆弱性84件を修正

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-10-12 11:19

 Microsoftは米国時間10月11日、84件の脆弱性に対処するパッチを公開した。これら脆弱性の中には、実際に悪用されているものや、情報が一般に公開されているものが含まれている。

Microsoftのロゴと南京錠のイメージ
提供:Geralt on Pixabay

 これらの脆弱性は、「Windows」とそのコンポーネントや、 「Azure」「Azure Arc」、そして「Edge」(Chromiumベース)、「Office」とそのコンポーネント、「Visual Studio Code」、「Active Directory Domain Services」および「Windows Active Directory証明書サービス」、「NuGet」クライアント、「Windows Hyper-V」、「Windows Resilient File System(ReFS)」などに存在している。

 今回のパッチは、10月の初めにリリースされた、Edge(Chromiumベース)に潜んでいる12件の脆弱性に対するパッチに続くものとなっている。

 現時点で悪用が確認されているのは、「Windows COM+ Event System Service」における特権昇格の脆弱性「CVE-2022-41033」だ。攻撃者はこの脆弱性を悪用することで、システム上の特権を得られるようになる。

 一方、情報が一般に公開されている「CVE-2022-41043」は、Officeにおける情報漏えいに関する脆弱性だ。SpecterOpsのCody Thomas氏によって発見されたこの脆弱性は、ユーザートークンやその他の潜在的機密情報をリスクにさらすものとなっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]