弥生、インボイス制度と改正電帳法の対策に関する特設サイト公開

NO BUDGET

2022-10-25 13:48

 弥生は「適格請求書等保存方式(インボイス制度)」と「改正電子帳簿保存法」の理解促進と対策準備をまとめた特設ウェブサイト「2大改正あんしんガイド」を公開した。同サイトは大きく3つに分けて、「弥生の支援」「インボイス制度の対応」「電子帳簿保存法の対応」で構成されている。

 「弥生の支援」では、業務の変化と弥生の対応製品を含む取り組みについて説明。2つの法令改正によって、請求書の受領・発行方法や証憑(しょうひょう)の保存方法がどう変化するのかについて解説し、その変化への対応策として同社の製品・サービスを紹介している。それらの中には、既存の「弥生シリーズ」や領収書・請求書・納品書・見積書などの証憑をクラウドで保存・管理できる「証憑管理サービス」が含まれる。

 「インボイス制度の対応」では、インボイス制度による取引や収益、業務への影響、経過措置や発行事業者や免税事業者の登録申請について紹介している。

 「電子帳簿保存法の対応」では、電子帳簿保存法の基礎知識や、よくある質問の一問一答など、各対応を説明。それぞれの内容は随時更新・拡大する予定だ。

 同社はこれまでも「インボイス制度あんしんガイド」と「電子帳簿保存法あんしんガイド」を順次公開し、別々の特設ウェブサイトとして情報発信をしてきた。しかし2つの法令改正はどちらも、証憑を所定のルールに従って保存を求める法令で共通点が多いことから、これまで2つに分かれていたあんしんガイドを統合してリニューアルすることにした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]