調査

セキュリティ投資、「データ侵害の防止」「リモートワークでのセキュリティ確保」を重視

NO BUDGET

2022-10-20 07:32

 ウィズセキュアは、「WithSecure 2022 B2Bマーケットサーベイ」の結果を発表した。

 そのレポートによると、企業がセキュリティへの投資に対して求める技術的優先事項およびビジネス成果上の課題の最上位にそれぞれ挙げられているのは、「データ侵害の防止」と「リモートワーク/ハイブリッドワークにおけるセキュリティの確保」だった。

サイバーセキュリティにおける技術的優先事項
サイバーセキュリティにおける技術的優先事項
ビジネスの成果上の課題
ビジネスの成果上の課題

 この調査は、2022年5月に実施された。調査対象は12カ国(日本、フィンランド、英国、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、米国、カナダ)のIT、クラウド、ネットワークセキュリティの製品およびサービスを導入する企業・団体内のIT意思決定者、ITインフルエンサー、経営幹部3072人。調査はオンラインで実施された。

 全体で技術的最重要事項とされた「データ侵害の防止」は、回答者の3分の1以上が上位5つの中に挙げている。また国別では日本、フィンランド、カナダ、オランダ、英国米国、そして業種別ではIT、医療・製薬・バイオテクノロジー、製造業、公共サービス・教育、貿易・流通に携わる回答者が、これを最優先事項とみなしている。

 ビジネス成果上の課題として、回答全体の中で最も多く寄せられた「リモートワーク/ハイブリッドワークにおけるセキュリティの確保」は、国別ではフィンランド、カナダ、英国、米国の回答者、そして業種別では製造業、公共サービス・教育、専門サービス(メディア、広告、観光など)に属する対象者が最大のビジネス成果上の課題としている。

日本におけるセキュリティの技術的優先事項とビジネスの成果上の課題
日本におけるセキュリティの技術的優先事項とビジネスの成果上の課題

 日本からは437人が回答した。国内だけに限ると、「データ侵害の防止」が43.7%で技術的優先事項の1位に、そして「クラウド化がもたらす新たなセキュリティ脅威への対応」がビジネス成果上の最大の課題となっている。

 日本におけるセキュリティの技術的優先事項の2位以下は、「フィッシングやビジネスメール詐欺(BEC)など、高度な電子メールベースの脅威の防止(35.0%)」「マルウェアやウイルスからの確実な防御(34.1%」「エンドポイント/電子メール/クラウド/ネットワークセキュリティにまたがる検知と対応の拡大(33.9%)」「多様化するデバイス/サービス/ソフトウェアのセキュリティ確保(30.2%)」となった。

 同様にビジネス成果上の課題の2位以下は、「リモートワーク/ハイブリッドワークにおけるセキュリティの確保(29.7%)」「セキュリティインシデントへの対応のスピードと効率の向上(29.5%)」「サイバーセキュリティ人材の確保とスキル不足の解消(27.7%)」「ITセキュリティ部門の手作業を削減し、作業負担を軽減(26.8%)」となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]