編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

NTTデータ、金融機関向けオムニチャネル対応クラウド基盤開発を表明

ZDNet Japan Staff

2022-11-11 06:00

 NTTデータは11月10日、金融機関がさまざまな顧客接点(チャネル)のデータを集約して各種チャネルでサービス展開できるようにするためのクラウド基盤を2023年度に開発すると発表した。

 この基盤では、営業店における対面、店舗設置のタブレットなどの端末、インターネットサービス、モバイルアプリケーションといった各種チャネルからのデータを集約するとともに、認証やバックエンドシステム、API経由の外部サービスとも接続可能とする。

 また、NTTデータ社内で実績があるというローコード開発ツール、従来の開発プロジェクト実績を基に標準化した画面遷移シナリオ、画面を構成する部品群のテンプレートも提供する。さらに、対面サービスで必要なキャッシュカードの読み取り装置、汎用的な現金機器などの金融専用機器との連携にもテンプレート利用可能にする。

NTTデータが開発するプラットフォームのイメージ
NTTデータが開発するプラットフォームのイメージ

 同社によれば、現在の金融機関では、各種チャネルにおける顧客関連データを組み合わせるような活用が進んでおらず、顧客サービスやそのためのシステムなども個別に展開されており、それらが非効率なまま、金融機関を利用する顧客の体験としても一貫性を欠いているという。サービスやシステムの開発コストも肥大化しており、金融機関がこうした多くの課題を抱えていると説明する。

 同社が開発を予定するプラットフォームでは、各種データを統合的に活用して顧客の体験を高めるための知見を得られるようにし、知見に基づくサービスやアプリケーションなども簡単に開発できるようにする。開発したサービスやアプリケーションの資産を各種チャネルで容易に展開、応用できるため、金融機関では一貫性のある体験を顧客へ提供できるようになるとする。従来のチャネルごとに用意していた機器などの撤去、個別だった事務作業の省力化も図ることになり、コストを削減できるという。

 同社は、このプラットフォームの開発を2023年度内に完了させる計画。複数の金融機関での採用を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]