「Linux」の「hosts」ファイルを設定するには

Jack Wallen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-11-17 07:45

 「Linux」は非常に強力なOSであるだけでなく、市場で最も柔軟なOSの1つでもある。その柔軟性は一貫してLinuxの大きなセールスポイントとなっている。Linuxの動作に関して気に入らない点があれば、いつでも自分のニーズに合うようにカスタマイズすることが可能だ。

 その非常に単純な例の1つが、Linuxの「hosts」ファイルだ。hostsファイルはLinuxだけに固有のものではないことに注意してほしい。「Windows」や「macOS」もhostsファイルを利用する。実は、macOSのhostsファイルはLinuxのhostsファイルとほぼ同じである。

hostsファイルとはどんなものなのか

 hostsファイルを使用すると、IPアドレスをドメイン名に簡単にマッピングすることができる。どこかで聞いたことのある話だと思っている人もいるだろう。当然だ。それは、まさに今日のDNSが行っていることである。しかし、ARPANETの時代にはDNSがなかったので、IPアドレスをマッピングする手段が必要だった。そこで活躍したのがhostsファイルだった。しかし、今ではDNSがそれを処理してくれるようになったのに、なぜhostsファイルを使う必要があるのだろうか。

 筆者が挙げることのできる最高の例は、LANベースのネットワーク環境で、完全なIPアドレスを入力しなくてもサーバーやデスクトップにアクセスできるようにしたい場合だ。例えば、以下のアドレスで定期的にアクセスするサーバーがLAN上にあるとしよう。

ssh jack@192.168.1.100

 そのIPアドレスをhostsファイルでマッピングして、以下のように入力するだけで済むようにすることが可能だ。

ssh jack@invoiceplane

 入力する文字数が少なくなるわけではないが、サーバーのIPアドレスを記憶する必要がなくなる。代わりに、ニックネームを使用できる。これは、LAN上に多数のサーバーがある場合に、非常に便利だ。これらのニックネームは、ウェブブラウザーで使用することもできる。例えば、LAN内のサーバーに「Invoiceplan」(請求ソリューション)をインストールしており、そのサービスのドキュメントルートが/var/www/html/invoiceplaneである場合、サーバーのIPアドレスをニックネームであるinvoiceにマッピングして、ブラウザーのアドレスバーにinvoice/invoiceplaneと入力すればサービスが開くようにすることが可能だ。

Linuxのhostsファイルを設定する方法

 設定はどのように行えばいいのだろうか。それは非常に簡単だ。以下で、手順を紹介する。

必要なもの

 必要なのは、実行中のLinuxインスタンスとマッピングするいくつかのIPアドレスだけだ。ほかのものは必要ない。それでは、魔法のようなhostsファイルを実際に使用してみよう。

1. hostsファイルを開く

 Linuxマシンにログインして、ターミナルウィンドウを開く。hostsファイルを開いて編集するために、sudo nano /ets/hostsというコマンドを入力する。

2. ホストに新しいエントリーを追加する

 hostsファイルのそれぞれの行は、一意のIPアドレスのマッピングであり、以下の形式で記述される。

 IPアドレス ニックネーム ドメイン名

 例えば(ここでもInvoiceplaneの例を使用する)、192.168.1.11というIPアドレスを、invoiceplane.lanというドメイン名を持つInvoiceというニックネームにマッピングすることができる。そのエントリーは以下のようになる(ファイルの末尾に追加される)。

192.168.1.11 invoice invoiceplane.lan

 このエントリーをhostsファイルに保存すると、以下の3つの方法でそのサーバーにアクセスできるようになる。

  • IPアドレス(例えば、ssh 192.168.1.11)。
  • ニックネーム(例えば、ssh invoice)。
  • ドメイン名(例えば、ssh invoiceplane.lan)。

 ドメイン名のエントリーに関しては、1つ注意点がある。ウェブブラウザーでは、このエントリーを使用してサーバーにアクセスすることはできない(ウェブブラウザーで使用できるのは、IPアドレスとニックネームだけだ)。

3. 保存して閉じる

 必要なエントリーをhostsに追加したら、「Ctrl」+「X」キーのショートカットでファイルを保存して閉じる。ファイルの保存後、OSを再起動する必要はない。ネットワークサブシステムが変更を即座に検知するからだ。

 Linuxを使い始めたばかりの人は、おそらく最初のうちはhostsファイルを使用する必要はないだろう。しかし、今後、Linuxを使い込んでいくにつれて、hostsファイルが不可欠な状況に遭遇することが増える可能性は高い。

提供:Oscar Wong/Moment/Getty Images
提供:Oscar Wong/Moment/Getty Images

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]