編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

スパコン「TOP500」、米「Frontier」が首位を維持--「富岳」は2位

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-11-17 13:56

 スーパーコンピューターランキング「TOP500」によると、米エネルギー省オークリッジ国立研究所(ORNL)が運用するHPE Crayのエクサスケールスーパーコンピューター「Frontier」は、圧倒的に世界最速のスーパーコンピューターという地位を守った。

情報処理のイメージ写真
提供:Shutterstock / Timofeev Vladimir

 TOP500によれば、HPL(High Performance Linpack)ベンチマークで1.102エクサフロップス(1エクサフロップスは毎秒100京回の浮動小数点演算を実行できる性能)を達成したFrontierは、唯一のエクサスケールスーパーコンピューターで、2位の「富岳」より約3倍速い。富岳は、神戸の理化学研究所計算科学研究センターに設置されたスーパーコンピューターだ。

 HPE Cray EXシステムのFrontierは、873万112個のコアを備え、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)や人工知能(AI)向けに最適化されたCPUである第3世代の「AMD EPYC」を、アクセラレーターの「AMD Instinct 250X」、およびインターコネクト「HPE Slingshot 10」と組み合わせている。

 TOP500で3位、欧州で最速のスーパーコンピューターとなったのは、アップグレードされたフィンランド「LUMI」で、これも「HPE Cray EX」システムだ。フィンランドのカヤーニにあるCSCのデータセンターのEuroHPCセンターに設置されており、309.1ペタフロップスの性能がある。

 新たにランクインしたのは、イタリアのCineca内にあるEuroHPCサイトに設置された「Leonardo」だ。フランス製の「Atos BullSequana XH2000」システムで、メインプロセッサーに「Xeon Platinum 8358」(32コア、2.6GHz)、アクセラレーターに「NVIDIA A100 SXM4」(40GB)、インターコネクトに「Quad-rail NVIDIA HDR100 Infiniband」を採用している。HPLベンチマークで174.7ペタフロップスの性能を達成した。

 IBMのシステム「Summit」は、148.8ペタフロップスの性能で5位だった。

 カリフォルニア州のローレンス・リバモア国立研究所にあり、「Summit」と似たアーキテクチャーの「Sierra」は、94.6ペタフロップスのスコアで6位に入った。

 中国最速の「Sunway TaihuLight(神威・太湖之光)」は、2017年には世界で最高性能のスパコンだったが、今回は93ペタフロップスの性能で7位となっている。

 中国最速のスパコンは、HPLベンチマークランキングのTOP500で順位を下げたが、中国は依然として、米国と並びTOP500で大きな割合を占めている。TOP500入りしたマシンは、米国が126台なのに対し、中国は162台だ。だが、中国のシステムは、2022年6月のランキングの173台から数が減っている。欧州のマシンは、6月の118台から増加して、全部で131台がTOP500入りしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]